憧れの小顔が目指せる【様々な小顔になる方法が美容整形業界に進出】

切らない時代

ボディ

見せ方を変えるだけ

小顔になる方法というのは検索すればマッサージなどたくさんの候補が出てきます。ですが加齢などによるたるみを解消して小顔になるには、マッサージでは限界があります。以前は切って引き上げる手術などが主流でしたが、今は切らずにたるみを取り除き小顔になる方法が美容整形業界に進出しています。特に代表的な切らないたるみ解消方法は、レーザー治療と糸によるリフトアップです。レーザー治療は新陳代謝を利用した方法で、部分的に超音波を当てて加熱します。熱で縮んだ組織を新陳代謝によって修復させようとコラーゲンが量産され、自然にたるみが改善され肌の弾力回復につながるという仕組みです。体にもともと備わっている回復力を利用しているので体にかかる負担も少なく、傷も残らずダウンタイムもない手軽な方法です。次に糸によるリフトアップですが、やわらかい特殊な糸をこめかみ等目立たない位置に挿入し、たるみの目立つ頬やほうれい線などの部位に取り付けて引っ張り上げる方法です。顔に穴をあけることはないので、傷が残ったり不自然な印象になったりする心配もありません。だるんとしていた皮膚が引き上げられ、アゴの部分がシャープになることで美しく小顔になることができる美容整形です。小顔になる方法も多岐にわたり、施術方法によって値段はピンキリです。注射による治療であれば1回あたり数千円から受けられますし、レーザー治療やシークレットリフトなどは総額数万円、骨切りなどの手術では総額100万円以上することも多々あります。大手の美容整形外科であれば割引サービスや会員特典などもあり少し安くできるところもあります。悩みの程度や症状次第で用いる方法も変わってきますが、予算や要望を事前に担当医に伝えておけば、ある程度の候補を挙げてくれるでしょう。ひとくちに小顔になる方法といってもアプローチの仕方はさまざまで、削ったり切ったりして物理的に顔のサイズを縮めるものや、顔を大きく見せている部分を改善させるだけで印象を変える方法などがあります。後者のほうが費用が抑えられるプランが多く、体への負担も最小限に抑えられることが多いです。しかし効果を持続させるために何度か通院しなければならないものも多いため、今後どのくらい通い続けるかを逆算して方法を選ぶのが賢明です。合計治療金額が高額になる場合でも分割料金にすることが可能なケースが多いので、少ない回数で終わらせてしまいたい人には前者のほうが良いでしょう。値段が高いものはそのぶん質の高い施術を受けることにもつながります。

男性医師

顔のコンプレックス解消

小顔になる方法は、顔を大きく見える原因により適した施術が異なります。骨が原因である場合はエラ削りで、筋肉が原因で手術が苦手な方にはボトックス注射による治療が現在ではポピュラーになっています。それぞれ美容整形外科で受ける事ができます。

顔に触れる女性

適切な小顔整形の方法

美容整形の手術では小顔になる方法も選べるので、顔が大きな方でも良い状態に変えるのは難しくありません。クリニックで利用できる施術は複数存在しているため、自分に向いているものを選べば理想的な顔の形に変えられます。

看護師

美容整形で理想の顔に

小顔になる方法はセルフケア方法を雑誌などで取り上げられており注目されています。しかしセルフケアではどうしても改善が不可能な原因も当然あり、その場合は医療技術によって改善が期待できます。美容整形外科では医師が最適な方法を提案してくれます。

医師

脂肪を除去する小顔矯正

ダイエットだけでは顔を小さくすることはできません。その場合は脂肪に直接働きかけるBNLS注射や脂肪吸引で改善させるのが適しています。そのうちの脂肪吸引は、施術直後から結果が出るうえリバウンドがないので小顔になる方法の中でも特におすすめです。

Copyright© 2018 憧れの小顔が目指せる【様々な小顔になる方法が美容整形業界に進出】 All Rights Reserved.