憧れの小顔が目指せる【様々な小顔になる方法が美容整形業界に進出】

顔のコンプレックス解消

男性医師

原因により治療方法は違う

美容整形の施術にエラの骨を削って小顔になる方法があります。エラの骨が大きい事で痩せていても顔が大きく見える様になり、コンプレックスの1要因になっています。骨はどうしても小さくする方法がなく、骨が原因である場合はエラ削りの施術方法が用いられています。エラの骨を削る事で美しいフェイスラインを作れる事が期待できます。一般的に手術方法は口の中から行うので、傷跡が目立つ心配は少ないと言われています。施術の際には基本的に全身麻酔で行われ、口の中を数センチ切って下顎角骨を削ってきます。削った後はバンテージやテープなどで固定を行い、安静に過ごす事が注意喚起として医師より指導されます。腫れが伴う事は珍しい事ではなく、2週間ほどで安定してきます。術後の痛みや腫れは個人差がありますが、術後翌日に仕事に行ったりする事は避ける必要があります。平均で10日ほど経過して、医師に経過診察を受けてから社会復帰する方が多い傾向にあります。エラ削りだけでは理想のフェイスラインにならない人には、この施術と組み合わせて咬筋切除術という筋肉も切除して細くする方法を行う場合もあります。その際も必ずカウンセリング時に説明を受けて、同意した場合のみ行います。小顔になる方法としてエラ削りは最もポピュラーな美容整形術です。骨が原因ではなく筋肉が原因で顔が大きく見える場合も多いです。エラ削りと併用して行われる咬筋切除術で改善を図れますが、そもそも手術や全身麻酔が怖いという方には向いていません。しかし諦める必要はなく、小顔になる方法は他にもあります。筋肉が顔を大きく見せている要因の場合、手術不要のボトックス治療があります。ボトックス治療は、専用の薬剤を発達している咬筋に注射するだけの治療方法です。ボツリヌストキシンというたんぱく質が、脳からの筋肉への伝達を遮断する作用があり、それにより筋緊張を和らげます。筋緊張を和らげる事で、筋肉は使われない状態になり、次第に痩せていく事で小顔を目指す治療方法です。手術の様にダウンタイムと言う手術前の状態に戻る期間が非常に少なく、副作用もない安全で手軽な方法として注目されています。世界では実施されていましたが、日本では2009年より認められている施術方法です。まだ新しい方法ですが、世界的に認められており、日本でも厚生労働省が薬剤の安全性を認めています。小顔になる方法を探していて、手術以外を希望する場合は最適な美容整形術と言えます。ボトックス治療の効果は永遠ではなく、半年ほどの効果期間になります。効果を持続させたい場合は、定期的に注射を受ける必要があります。しかし施術内容は注射するだけであり、時間も5分ほどなので負担も軽い美容整形です。

Copyright© 2018 憧れの小顔が目指せる【様々な小顔になる方法が美容整形業界に進出】 All Rights Reserved.