脂肪を除去する小顔矯正|憧れの小顔が目指せる【様々な小顔になる方法が美容整形業界に進出】

憧れの小顔が目指せる【様々な小顔になる方法が美容整形業界に進出】

脂肪を除去する小顔矯正

医師

脂肪吸引が選ばれる理由

小顔になるには、ダイエットや運動では実現することはできません。なぜならダイエットをしても、身体が全体的に痩せるだけで顔だけを小さくすることはできないからです。結局顔と体の比率が変わらない限り、顔が大きいという印象は変えられません。また脂肪が原因の大顔は、ダイエットをしてもあごがたるんだ状態がそのまま残ってしまうことがほとんどです。ゆえにそこを重点的に改善しない限り、顔の大きさを改善したとは言い切れないでしょう。そんな風に部分的に大きさを改善して小顔になる方法は、美容整形以外では実現不可能です。美容整形なら顔の大きい原因に合わせて適切にアプローチするので、効果的に小顔にすることができます。なお脂肪が原因による顔の大きさを改善するには、今のところ脂肪を溶解させるBNLS注射か脂肪吸引で行うのが最適です。脂肪溶解注射や脂肪吸引の方は、特に脂肪に働きかけるためそれが原因で顔が大きい場合に効果を発揮します。ただしBNLS注射は、甲状腺の病気やアレルギーを持っている方は製剤との相性が悪く使えません。また作用が不明なため、首に施術しないように配慮している病院もあるようです。したがって上記の理由でBNLS注射を使用できない患者は、脂肪吸引で小顔になる方法を考えなくてはいけません。脂肪吸引による小顔になる方法は、なんといっても効果が出るのが早いのが特徴です。それもそのはずで、顔にある脂肪を直接吸引して除去するので施術が終わった直後から効果を実感できます。脂肪がある個所ならほほからあごまでまんべんなく施術できるので、いろんな部分をすっきりさせたい方にもおすすめです。さらに吸引する量を調節すれば、フェイスラインを好きな形に整えることが可能です。ちなみに施術では、極細の針を使用して脂肪吸引するので傷跡もさほど大きく残りません。その上で耳の裏やあごの目立たない部分に針を刺すので、施術したことを第三者に気付かれなくてすみます。ただし、施術を受けた時に若干腫れたり痛みを感じたりすることもあります。その場合も麻酔や腫れにくくする薬を注射して対処するので、それほど苦痛を感じることはないでしょう。なにより脂肪吸引で小顔になる方法の良さは、施術した後のリバウンドがほとんどないことです。たとえ少しくらい太っても、施術した部分が元に戻ることがなくてすみます。そして脂肪吸引した部分のしわが目立たなくなるので、アンチエイジングの効果も狙えます。こんな感じで顔が小さくなる以外の副産物も期待できるのが、脂肪吸引で行う小顔矯正を受ける際におすすめする理由のひとつでもあります。

Copyright© 2018 憧れの小顔が目指せる【様々な小顔になる方法が美容整形業界に進出】 All Rights Reserved.