美容整形で理想の顔に|憧れの小顔が目指せる【様々な小顔になる方法が美容整形業界に進出】

憧れの小顔が目指せる【様々な小顔になる方法が美容整形業界に進出】

美容整形で理想の顔に

看護師

セルフケアでは限界な場合

美人の条件という顔のパーツ毎に二重やえくぼがあること等がよく言われています。その美人の条件の1つには小顔も含まれています。モデルの様な小顔は誰しも憧れるものであり、小顔になる方法が様々なメディアや雑誌で取り上げられています。顔が大きく見える場合、脂肪過多やたるみ等が原因として挙げられます。しかしスリムでたるみもないのに顔だけ大きく見えるという悩みを抱えている方も多いです。その原因は筋肉である可能性があります。筋肉をつけると引き締まるイメージがありますが、筋肉には2種類あります。遅筋というマラソン選手に多い長時間動く為に必要な筋肉と、速筋とう力をかけたりするのに必要な筋肉があります。使い道が異なり、引き締めるのに必要なのは遅筋であり、力が必要なのが速筋は肥大します。顔の場合、咬む筋肉である咬筋がその速筋にあたります。咬筋が発達していると、その部分はエラになるのでエラが張っている様な状態になります。エラが張っていると顔が横に広がって見えるので、顔が大きく見えてしまします。この筋肉は食事時に必要であり、引き締める様に鍛える事は困難になります。小顔になる方法にエラの骨を削る美容整形方法がありますが、この場合は効果が薄いです。筋肉が原因である場合に適した治療方法としてボトックス治療が適しています。筋肉の緊張を緩和して徐々に痩せさせる事ができる治療であり、手術の必要がないので注目されています。小顔になる方法にはダイエットや顔の筋肉を鍛えると言ったセルフケアも十分効果がります。それでも効果が現れない場合、セルフケアではどうしても改善できない原因があるからです。加齢に伴う皮膚のたるみや顎が見えにくい場合などが挙げられます。理想のフェイスラインを作る方法として美容整形外科のヒアルロン酸注入があります。ヒアルロン酸は人体に元々ある物質であり、異物ではないので副作用もありません。このヒアルロン酸は全身の皮膚に潤いを与えているものであり、コラーゲンなどと連動して若々しさを保つのに必須の働きをしています。加齢により徐々に減少するのですが、減少することにより皮膚がたるみ、顔を大きく見せてしまう事になります。それを改善する方法が、ヒアルロン酸注入です。小顔になる方法としてのヒアルロン酸注入は、たるみ改善により小顔を目指すだけではありません。顔はバランスが重要であり、左右均等に整えたりシャープな顎を作ったりする事も必要です。これらにヒアルロン酸は適しており、理想のフェイスラインを作る事ができます。切らない施術方法で注入するだけなので、施術を受ける時間も短時間です。状態や希望によって多少異なりますが1か所5分ほどです。費用は見た目の改善目的なので保険は適用されませんが、5000円程で施術が受けられます。

Copyright© 2018 憧れの小顔が目指せる【様々な小顔になる方法が美容整形業界に進出】 All Rights Reserved.